O.P.E.N.は発足20年を迎えます

O.P.E.N.とは、Opencarオープンカーで Pleasure and喜びを Entertainment共有するための催しを開催する Network仲間達 の頭文字をとったオープンカーが好きな、オープンマインドな人達の集まるクラブです。1997年、パソコン通信ニフティーサーブの輸入車フォー ラム内オープンカー会議室のメンバーが集まって、OPENCAR布教委員会と言う名称で発足しました。

O.P.E.N.の活動は、毎月行われる定例ツーリングの他、オープンカーにとってベストシーズンである春と秋に全国ミーティングを行っています。 そのうち春は日本海の海の幸とシーサイドツーリングを楽しむ『春越前(はるえちぜん)』、秋は軽井沢の高原と浅間山の雄大な景色を堪能できる『秋軽(あきかる)』という愛称で、これまで多くのオープンカーファンの方に親しまれ、全国のオープンカーオーナーとの親睦を深めてまいりました。

オープンカーの醍醐味と言うのは、何と言っても風を受けて走れると言うことでしょう。 頭の上にさえぎる物が何もないという開放感。日常生活でストレスを感じたり、悩んだり、疲れを感じることの多い現代社会において、精神的にも身体的にもリフレッシュでき、明日への英気を養うには絶好のツールです。

ただ、排気ガスや異臭、粉塵の中をオープンで走っていて気持ちが良いと思う人はいません。 オープンで走っていると、知らず知らずのうちに地球環境のことを考えずにはいられません。陽の光を浴び、風に吹かれ、木々の緑や、海、大地を眺める。また、温泉につかって日々の疲れを癒すことが出来るのは、今の地球があるからに他なりません。 そのかけがえのないものを大切になければならないという、ごく当たり前のことを改めて気づかせてくれるのはオープンカーです。

そして、オープンカーは旅心を誘います。 大勢でのトレインツーリングも楽しいし、一人で気ままにソロツーリングもまた楽しいものです。 非日常空間で開放的になり、人との出会いで新たな刺激を受ける。それが精神的にも健康的にもどんなに自らに喜びを与えるか、オープンカーオーナーならば誰でも体験済みでしょう。

また、オープンカーから連想するのは、いわゆる無駄の多いノリモノでしょうか。5人乗れて風雨をしのぐ頑丈な屋根があり、トランクスペースもたっぷりある車が存在するにもかかわらず、何故我々はわざわざその対極にあるオープンカーを選ぶのでしょう。 それは無駄空間イコールゆとり空間だからです。 ゆとりがなければ体はガチガチで視野も狭くなり、本来見えなければならないものが見えなくなってきます。 あえて無駄とも思えるゆとり空間をもつことによって、我々は精神的なステイタスを感じているのではないでしょうか。
「オープンカーのある生活」
これはステイタスなのです。

O.P.E.N.はオープンカーのある生活を楽しむ為の総合コミュニケーションの場です。 入会金や年・月会費、会員規則はありません。 あるのは社会人としてのモラルだけです。 O.P.E.N.が何よりも大切にしたいのは、共通の楽しみを持って集まった人達との心の仲間作りです。 O.P.E.N.を通じて知り合えた人との縁を大切にし、爽やかな風を感じていつまでもオープンで走れるよう、私達のこの地球を大切にして行きましょう。

 

O.P.E.N.
Opencar Pleasure and Entertainment Network
http://www.opencar.org/

会長  RENEGADE